ベトナム 日本語教師のブログ

ベトナムの日本語教師の生活など

好奇心だけで生きている人は一人の仕事が向いている。

私も学生の時は、ゲームばかりやっていたので、勉強はほとんどしなかった。
勉強は嫌いだったが、研究は好きだった。
一つのことを徹底的に極める感じだ。
興味を持ち始めると、ずっと集中してできるが、
ないとほとんどしない。
好き嫌いが激しいタイプかもしれない。
自分を優秀ではなく、オタクだと思っている。


別に、褒められたいから頑張るとか、認められたいから
するとかではない。たんなる好奇心だけで生きている。
興味があるだけで、情報を集めているだけで
それ以外はない。
こういうタイプは、別にお金がほしいとか、車がほしいとかはない。
生活費は最低限でも大丈夫なのだ。
ほとんど、奥さんに預ける。


今の仕事は日本語の研究・会話が
1人でできているため、すごく充実している。
ちょっと変わっていると言われるが、変える気はない。
こういうタイプは学生の時からそういうことをしていて、
別に周りがどういおうとほとんど関係ないのである。
ただ、人脈だけはしっかりとあるように、パーティとかは参加している。
そうすれば、ベトナムで好きな仕事が続けられると思っているのである。


よくオタクの人を避けたり、
結婚しない人が多いが、奥さんがコントロールできれば、
ものすごいリターンが返ってくることもあるかもしれない。