ベトナム 日本語教師のブログ

ベトナムの日本語教師の生活など

ベトナムの障害者が襲いかかってきた。びっくり

ある公園でバスケットをしていた時の話である。
公園には、サッカー場とバスケットコートがあり、
私は暇だったので、バスケットのシュート練習をしていた。


周りには、子供から大人まで、様々な人がトレーニング、サッカー、バスケット
をしていたなか、2人の障害をもった子供がボールを持って遊びにきたのである。
彼らは、あまりスポーツのやり方とか、周りの人はほとんど見えていない。
自分の世界で遊んでいるという感じだ。


するとあるベトナムの男の子がバスケットでシュートすると、跳ね返ったボールが
その障害者の顔にぶつかってしまったのだ。
すると、なぜか私の方に怒り出してきたのだ。「グワーーーーーーーーー」
私も怒った障害を持った子は初めて見たので、びっくりした。
パンツは小便が漏れており、何か怒り狂った形相をしているのだ。
とりあえず、パンチをしてきたので、
すぐにかわし、すぐシュートを打つようにさせた。
「GOGO」って
ほとんど、ベトナムでは障害者の子を見ている人がいないのか分からないが
管理している人がいないように思えた。


日本にいた時、健常者と障害者が常に別々の生活しているので、気づかなかったが
ベトナムでは常に一緒になっているため、周りの子も色んなことを考えさせるだろう。