ベトナム 日本語教師のブログ

ベトナムの日本語教師の生活など

雨が降りそうな天気に、子供たちが敷地内でサッカーをしていて、まさかのことが

私のアパートの敷地内で子供たちがサッカーをしていた時の話だ。
近くに公園がないため、階段などをゴールにして、遊んでいたのだ。


少し、暇だったので、サッカーを見ていた。
子供からは「ケイスケ ホンダ」「カガワ シンジ」「オカザキ」とか
言って知っている言葉を話してくれたので、
私も適当にケイスケ ホンダとか言いながら、リフティングをしたりしていた。
サッカーをしている人には、
そこには、なぜか敷地内の20歳ぐらいの管理者までいて、仕事をせずにサッカーをしているのだ。
バンバン、シュートしているが、一切文句も言わない。もちろん、
周りには小さい子供もたくさんいる。
日本だったら、すぐにクレームが来るだろう。


そんな時、パラパラと水が降ってきた。雨は降りそうだが、降っている様子はない。
なぜか、サッカーをしている子供だけに水が降ってくるのだ。
あれ、どうして?と思っていたら、子供たちが上を見て、やめろやめろと叫んでいるのだ。よく見ると、15階ぐらいから、たばこを吸いながら、水鉄砲をしているおじさんがいるのだ。発砲を受けた子供たちは、突然、サッカーを中止することになったのだ。


こうやって、子供を制御するのはびっくりしたが、少し新鮮で、おもしろかった。